スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月の旅行1日目~竹田城・香住・竹野~

昨年からの我が家のお出かけのテーマは「兵庫県を知る」(これも色々タイミングが合わず、ほとんど出かけていないので今年度も引き続きのテーマです。)

兵庫県って瀬戸内にも日本海にも接していて、結構広いんです。
我が家は兵庫県でも一番端っこで、隣は大阪市という場所に住んでいます。
そのため、兵庫県で行ったことの無い場所がたくさん。

2015年9月19日~20日に、兵庫県を知るツアーを決行。

2014年11月の伊豆旅行が、ゆっくりのんびり旅行だった理由の一つには息子が足の親指にヒビがはいっていて歩くのが大変だったから。その分、今回の旅行はかなり歩きました~

1日目、前日の帰宅が遅かった為、睡眠時間2時間で第一目的地竹田城へ出発。

竹田城の雲海を見る為には、竹田城に登らずに向かい側の立雲渓より見ます。
前日に雨がふったため、途中の道からすごい霧でした。
雲海に期待が膨らむ中、立雲渓に到着。
真っ暗な中、懐中電灯で照らしながら足場の悪い山道を登ります。
雨のせいで、水が流れてるし、泥ですべって大変でした。

なんとか一番上の展望台に到着。
P1030746(1).jpg

人がいっぱいです。
雲海は出たり、引いたり、写真のタイミングが難しい。
カメラ息子に預けていたので、一生懸命撮っていましたがこんな感じ。
P1100578(1).jpg

下山がさらに大変。ドロドロの斜面を人が通っているので、ツルツル滑ってしまって色んなところで転倒していました。
クウアメは、結構身軽に通っていただけど、写真を撮る余裕などなく、私は息子に手をひかれて下りました。

旅行に合わせて、フロントラインをして、虫よけスプレーも使用したのに、アメに大量のダニがついていました。食いついてはいないけど、何十匹もアメにだけついてた・・・

竹田城にも寄ろうかと思っていたのですが、立雲渓の悪路とアメのダニ退治に時間を使ってしまったので、第2目的地の香住ガニ祭りへ。

無料でボイルガニ、焼ガニ、蟹汁が配られています。
香住ガニは小さいけど、ここでしか食べれません。
無料のカニや市場で販売されていたサバ鮨や焼いたり揚げた海鮮物をいただきました。
IMG_0684.jpg

宿に行くのには時間があったので、余部鉄橋へ。
P10307701 (2)

P1030778(1).jpg

余部鉄橋で私たちと同じタイミングで空の駅に上がっていく、女子高生が一人いました。
うつむいていて歩いていて、「こんなところに一人で来るんやぁ」と思って、近くで足元を見たら「??」
足が年寄?ん?と思い、目線を上げていくと、「おっさんでした!!」
パパと息子はとっくに気づいていたらしい。

P1030786 (2)


今回の宿は、竹野の「民宿 園」
民宿には、非常に抵抗があったのですが、ここしかワンコOKで空いている宿を見つけられなかったのです。
ワンコは部屋は自由で、無料です。
ワンコのアメニティなど何もなし。他のお客様がいなければ、食事処もワンコOKだとか。

お疲れのパパとクウアメ
P1030792(1).jpg

P1030791(1).jpg


お風呂は、家族風呂しかないので、近くの温泉施設を利用しました。
海沿いのお風呂は、貸し切り状態でした。

夕食は、こんな感じ。量はたっぷり、味は普通。雑さが目に付くけど、旅行中はそれも笑えって済ませることができるんですよね。
IMG_0688.jpg

IMG_0689.jpg

ふすま一枚で隣は、小さな男の子が2人の4人家族だし、夜中に3人の若者が騒ぐし、トイレの水音が聞こえるし、部屋のドアがすりガラスなので廊下の明かりが入ってくるしで繊細なパパとクウは、あまり寝れなかったらしい。

クウアメは一言も吠えなかったので、ワンコがいることに他のお客さんは気づいてなかったみたいです。
2日目に続く。


にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuame

Author:kuame

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。