アメの傷跡

アメの傷跡は日に日に良くなってます。

アメ自身で傷跡を舐めたり、かじったりしているのかちょっとずつ瘡蓋がなくなりました。

体重も戻ってきました。

IMG_2038.jpg




IMG_2043.jpg






これは今日とどいたロイヤルハウンドデザインさんのスペシャルハッピーバックです。
クウとアメと二人で使える様な色味の物をお願いしたら、ペアの夏服がありました。
IMG_2039.jpg




首輪も入ってました♪
IMG_2041.jpg




まだお腹の調子が完全じゃないので、お腹良くなって涼しくなってきたら
この服着てお出かけしようね。


にほんブログ村

スポンサーサイト

アメの腫瘍 検査結果

アメの腫瘍の検査結果が出ました。


軟部組織肉腫 低悪性度
悪性腫瘍(癌)の一つのグループで、線維肉腫、血管周皮腫、神経鞘腫、脂肪肉腫などいくつかの腫瘍のこと。
どの腫瘍かは、特定できませんでした。
この腫瘍は“根”が深く、局所再発率が高いが転移の可能性は低いという特徴があります。


アメの場合、既に周りの脂肪に浸潤している可能性が高いとのこと。
ただ、低悪性度のため抗がん剤や放射線治療の効果は低いので、再発するかどうかおびえながら待つ状態です。
再発した場合、断脚を視野に入れて考えた方が良いとのことでした。


傷口は無事に抜糸できましたが、毛はなかなか生えてきません。
IMG_2033.jpg






カラーもとれたので、クウもうなる事がなくなって一緒にお散歩もできるようになりました。
IMG_2026.jpg




再発防止のために、できるだけストレスのない生活と食事ぐらいかしてあげられない。
いうことで、アメの様子を見ながら、楽しめる程度のお散歩をしてみました。
それから、食事は低炭水化物、低糖質。
野菜も糖質の多いサツマイモなどを避けて、癌予防に良いといわれている
キャベツ、ブロッコリー、小松菜、ブロッコリースプラウトなどを積極的に使用していきたいと思います。
オメガ3系のオイルは、また手術があった場合に血が止まりにくくなると困るので、ココナッツオイルの使用をまた始めたいと思います。


IMG_2037.jpg


アメのお腹はまだ軟便ですが、少しずつ良くなってます。

にほんブログ村

アメのお腹が・・・

アメの腫瘍摘出手術後、抗生物質を飲んでいましたが
お薬が合わなかったようで軟便が続いています。
体重も少し減りました。


昨日病院で下痢止めと整腸剤を貰ってきました。
昨日の夜はまだお腹が痛いようで、何度も何度もトイレへ。
0時頃に玄関ドアをカリカリひっかいて、外に行きたがる。
外に出る事を要求するなんて初めて。
パパが「お散歩行くん?」と聞くと、しっぽを振ってリードを付けてもらいに
走ってきました。
外に出ると軟便。
それでもすっきりしたようでやっと眠りに落ちました。



夜の間にも2回軟便をしていて、今朝も2度軟便。
粘膜に血液がまざっていました。(でも回数は激減)
私は義母の忌引き最終日。
昨日、今日とパパが頑張って諸々の手続きや片づけをしてくれているので
私はアメについていることができて良かったです。



今朝用事をしていて、アメの様子を見に来たらいない!!
呼んでも来ない!!


洗面所にいました
IMG_2022.jpg
アメがここに居る事はないので、
どこかで苦しんでるんじゃないかと思って焦った~


お薬が効いてきたようで、お昼からは便も出ずにずっと寝てます。
土曜日は抜糸予定。
その間に何も変化がありませんように。


にほんブログ村

アメに腫瘍ができました

アメの左前脚の肘の上に腫瘍ができました。

見付けたのは先週の月曜日

IMG_2001a.jpg


その週の日曜日に病院で細胞診を行いました。
悪性腫瘍であり、状態によっては断脚とのこと。
細胞の分裂スピード早い為、早急な手術を進められました。


帰宅してから、断脚の一言に焦りはじめ、火曜日にセカンドオピニオンをうけました。
が、やはり同じ診断。


結局いつものかかりつけの病院で、水曜日に腫瘍の摘出手術をうけました。
血が止まりにくい体質であることと、場所的に皮膚が伸びにくく大きく切除すると縫合が難しいこと。
また腫瘍の下方が癒着している可能性があり、全摘が難しい事などがありました。


やはり、下方が完全に取り切れなかったのですが、無事に木曜日に帰宅しました。
IMG_2014.jpg



病院でもしっかりと食べて、カラーにも問題なく対応できているようです。
さすがアメ


クウが傷口を舐めないように、留守中は別部屋にいた方が良いと注意をうけたのですが・・・
クウが見事なヘタレっぷりを発揮し、カラーを付けて薬臭いアメに唸る。
アメが動くたびに吠えて、うなる。
部屋の移動はアメから離れて一番遠いルートを通り、一番遠いところで寝てます。
そして、クウは誰かの側に。
側にいれない時には、机の下。
傷を舐める事は絶対になさそうです。
IMG_2018.jpg



腫瘍は検査にだされていて、早ければ22日の抜糸の時に分かる様です。
どうか断脚は逃れられますように。
ついでにぐらついていた歯と、先生の判断で3本抜歯されました。


また、悪い事は重なるもので義母が昨日逝去しました。
ここのところずっとバタバタしていたのですが、
連休中は、さらにバタバタしてクウアメのことも放置することになるため心配。
友引など日程の関係でぽっかりと時間の空ができたので、少し気持ちを整理する事ができました。



にほんブログ村

病院問題

クウアメの病院ですが、
今までまだ若くて、調べる事が大好きな先生に出会い診ていただいていました。
とても誠実で私の質問にも辛抱強く答えて頂ける先生でしたが、
簡単には行きづらいところに開業されたため、
近所で見つけた救急病院で働かれていた先生のところにここ2年程通っています。




新しい病院の先生も最初は、良い印象でした。
私も良い関係を作る前に面倒な質問は控えていたのもあるかもしれません。
この先生には、食事の相談は無理と判断し、質問も選んでいたのですが
今年のフィラリアのお薬が帰って開けてみると前回と違う!!
同じものでとお願いしていたのに説明がないのはどうでしょうか?



ミニドッグの検査結果を聞きに行った際に、薬が前回と違うと言うと
慌てて説明をしてくれました。
病院の事情での変更でした。




実は、我が家のフィラリア薬は通常1ケ月に1回の服用とされているにも関わらず
フィラリアの成長のサイクルと自分の判断で1ケ月半に1回のペースで服用しています。
そういえば、昨年 1頭につき5回分しか購入しない私に、「製薬会社は1ケ月に1回
で1日でも遅れると感染の可能性がある。私の与え方には問題があるため、
何かあっても飼い主の責任ですよ。」といわれたんでした。

フィラリアのライフサイクルについてはこちらを参照してください。



飼い主の責任なんてものは100も承知です。
だから色々質問するのに、それに対応してくれる病院を探すのは大変ですね。



アメの腎臓が経過観察になったため、本や過去の会社の資料を引っ張り出して、
次の事を実行する事にしました。


腎臓病では、タンパク質の接種を控える場合が多いのですが、
初期の段階では過度のタンパク質の制限は逆に腎臓によく無いらしい。

そのため食事は変えずに予防的処置として、
●オメガ3系のオイルの使用を再開
    腎臓の血流量の改善や炎症を抑える効果があるが、血がさらさらになります。
    クウアメ共に血が止まりにくいため、使用量や採決前の使用には注意が必要です。
●抗酸化作用のある野菜やサプリの継続
●水分量を増やす
    アメのPHが7.5と高く、尿も濃かった為
    薄いヤギミルクやお粥の日を増やす。
●マシュマロウを与える
   腎臓・尿路系の細胞組織の炎症を緩和させるもの。
   たまたま以前から持っていたので、初めて使用してみます。




梅雨入りし、どんよりお天気
病院で何か検査が引っかかる度に、
この笑顔を少しでも永く見ていられるように、もっと学ばなければと思う母です。
IMG_1982a.jpg




IMG_1986.jpg






にほんブログ村
プロフィール

kuame

Author:kuame

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード